両立

0

    バイト時代から数えると、今の会社に勤めて8年目に入ってます。


    部署異動は昨年8月の1回きりなのですが
    正社員としてそこそこの経験をつんで
    数え切れない失敗をして、ほんの少しの成長もして

    偉大な先輩方が会社を離れて行くなどの変化もあり

    いわゆる無茶ぶり(決して無茶なわけでない)が増えてきました。

    そういう仕事というのは、やりがいがある一方、なかなか簡単にはいかず
    日々くたくたにさせていただいております。

    そんなこんなで、最近はまともにライドできておらず
    まるでだめサイクリスト、いや、サイクリストとも言えないかな、、


    仕事をして、家族を大事にして、レースでも活躍して。


    そんなスーパーなライダーさんがいらっしゃいますが、本当にすごい。


    わたくしの目下の目標は、自転車を楽しめる環境作りかなと考えています。

    命日

    0

      今日で、父を見送ってからちょうど1年。


      去年は確か、「引退試合で優勝したような清々しさと寂しさ」と書いた記憶があるんですが


      あれから毎日、父の部屋を通り過ぎるたびに当時のことを思い出して
      ときどき、どうしようもなく悲しい気持ちになることも増えました。
      父が作ってくれたラジコンが出てきたり、父が使っていたカメラを使ってみたり
      やはり全てを教えてくれたのは父でした。


      ありがとうの言葉が届かないのが本当に残念だけど、


      どんな逆境でもくじけずに、あきらめず、投げ出さず、耐え忍んで歯を食いしばって行く
      父の生き様を、自分も受け継いで生きていこうと改めて思いました。


      2年目のおぞね、いきます!


      2013年は沖縄から 当日編

      0
        また風邪をひいてしまいました。
        3年間は引いてなかったのだが、なんだんだ・・・?



         当日編でする。


        2000kmオーバーとなる移動の疲れと気温差、残波にやられ

        正直、朝5:30起床は嫌だった・・・!


        しかも沖縄の朝は遅く、7:00頃でもまだ暗い。
        それでも、160km組はさらにスタートが早く真っ暗だったとのことで
        まだマシかな・・・



        なんだかんだ言って、レースじゃないというのは気楽なもので
        緊張感というか、朝の気分は思ったほど悪くない。
        仕事の夢を見てしまったのはご遠慮願いたかったが。






        ホテルから自走で10分少々、スタート/ゴール地点。
        10年ぶりとなる、本島での自転車。
        札幌で言う9月初旬の朝くらいの、ぬるーい空気で沖縄に来たことを実感。









        当たり前だけれど、レースでもなんでもないので超リラックス。



        自転車って、本当はこんなノリでいいんだよな〜。
        ちょっと忘れかけていたですよ。







        今回はチームの女性ライダーが多く参加されていたので
        ストーキングもとい伴走という形で、いいペースを作って巡航。







        海!おきなわの海!





        海中道路!


        すでに現実感がなくなってます。






        1月からこんなところで・・・




        幸せに浸る社長







        コースとしては、58号線の民度の低さを除いて満足。
        沖縄の運転マナーは北海道の比じゃない。アドレスやカブでフルバンクとかやめてください。
        自動車を両側から抜きにかかるのもやめてください。


        あと、どうして沖縄の自動車、バイクともに爆音仕様なんだ??


        とか、どうでも良いことを考えながら100km走破。


        それでも、日暮れ時にゴールするのはちょっと感動


        しようと思ったら、


        会場ではなぜか琉球アイドルのステージが繰り広げられており
        ヲタ芸を打つ人だかりが・・。


        そしてゴール地点では


        無駄にテンションの高いMCのお兄さんが


        「ハイタッチしようぜーーーーーーいっ!!!!」


        と迎えてくれる、なんともごった煮な沖縄らしい幕切れでした。







        それでも、極寒の北海道を抜け出して、半袖で過ごせるところでゆるーくサイクリングというのは
        非常にありがたみのあるイベントでした。


        来年も是非いきたいところ!


        ご一緒くださったチーム員の方、ならびに休暇を下さった職場の方々に感謝いたします。


        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM