結婚式

0



    姉の結婚式でした。






    結婚が決まったのが結構前で


    父さんは、5月に亡くなる2週間ほど前、呼吸不全ぎみで意識が混濁していたのか


    「今日はバージンロード歩く練習しないとな・・・(そんな予定ありません)」
    「これから結婚式の衣装、選びに行くんだよな・・(そんな予定、まったくありません)」


    と、すでに寝たきりに近い状態なのに最後の最後まで心配していました。



    そして、ついこの前姉から



    父さんの代役を任されたわたくし。



    それから本番まで、わたくしも
    「バージンロード 歩き方」とかでググって心配になったり
    つくづく親子なのです。



    そして挙式。


    仕事疲れと緊張からか、体調最悪。
    当日の朝方、うなされてゲロゲロ。


    赤牛とウイダーでなんとかしのいで、


    いざ、チャペルへ。


    弟がエスコートすることはあまりないらしく
    (普通は叔父さんなどに頼むようです)

    ちょっとだけ空気がざわついたけれど、


    最初の45度最敬礼は


    父さん、俺が代わりにやっちゃってごめんね、という思い。


    その後の一歩一歩、


    親父のこととか、今までのこととか考えて


    俺が泣いちゃうんじゃないかと心配していたものの、


    実際はそれどころではなく、とにかく無心、
    人はここまで空っぽになれるんだというくらい。



    緊張して心臓ばっくばくだったけれど、どうしてか
    もっともっと、ずーっとこうして歩いていたい不思議な気持ち。


    けれど、チャペルの道はそんなに長くなくって、お義兄さんが待つ元へ。

    父さんが危ない状態になってから、旅立ちの時、お別れの時までずーっと、
    世間知らずの姉を支えてくれた、とても頼りになるお義兄さん。


    笑顔で一礼して、私の役目は終わりました。

    私と、父の役割と言いますか。




    父さんが長くないって分かった時、

    なるべく早く式を挙げたいと思った母と姉に対し
    お義兄さんは、お金や仕事、全部一人前になってから親に迷惑はかけずに挙げたい、と言い
    揉めたりもしたのですが

    父さんは

    「2人の納得いくようにやりなさい」

    としか言わなかった。


    改めて、

    常に謙虚、遠慮がちで真面目で優しい、

    偉大な父さん。



    まだ貴方に追いつくことはできないけれど
    昨日はなんとか、代役を務めることができました。
    どこかで見ていてくれたのなら嬉しいです。

    CFカップ 2012

    0

      前回に増して仕事がドタバタっており、休日出勤も出てくる中でのギリギリ参戦でした。



      結果から言うとサイアク。



      とにかく、暑さに負けました。



      体調の悪さは感じなかったのですが、2周目の登り始めでクラっと来て
      動けなくなり、藪の中でひとり吐いてました。




      暑さの中、身体が追い込むのを全力で拒んでいて
      リタイアも考えたのですが、近くに誰もいなかったため、出すものを出してから
      下山すべく続行。
      嫌がってるだけで、まだ動かせる!と言い聞かせ。



      とはいえ、危険なのは間違いないし、特に新設の下りは油断すると
      痛い(恥ずかしい)思いもするので、頭が回らなくなったら下りようと決めていました。


      残りは消化試合と言いますか、運動をやめたがっている身体をなだめながら
      大きなクラッシュをしないよう、ギリギリのラインをさぐっておりました。
      (途中数回吐きましたが)


      最終的には寒気も出てきて本気で危ないところでしたが
      逆にしんどい感覚すら薄れてきてちょうど良かった(?)




      暑いとか寒いとか、そんなものは単なる言い訳であって


      暑いのは他のライダーも一緒。


      自然を相手にするスポーツであるし、


      己に勝てなければ、ライバルに勝つことはできない。


      暑さに打ち勝ったライダーがいる中、
      真っ先に負けた自分に何が足りないのか。


      「暑かった!辛かった!疲れた!でも楽しかった!」


      で終わっていいのか。


      XCレースを始めて12年、



      BIB1を手にし、フルタイムで仕事をしながらの6年間で
      なんにも成果を出していない。


      いい加減、向き合い方を変えなくてはいけない。


      1

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2012 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM