ビール好きは遺伝だった!

0
     はい。

    セデーションによる鎮静と低酸素で、もう会話をすることはできない父ですが、

    時々起きては周りを見渡したり、何かを訴える表情をします。

    当然、きちんとした食事は摂れないけれど、母が

    「何か食べたい?」
    「何か飲みたい?」


    と聴くと、なにやら反応が。


    「何か飲む?」


    こくり。


    「水?」


    反応ナシ



    「それともビール?」

    (しばらく間が空いて)

    こくり。


    ビールかよっ!

    スポンジで含ませるか、スプーンで運んであげるか。

    スーパードライ缶を開けてコップに移して

    母がスプーン越しに父の口へ運ぶとごくっと。


    「おいしい?」


    こくり。



    このときの父の満足そうな顔は一生忘れられないくらい、
    見ていて嬉しかったです。


    すぐに、もっと欲しいというような顔をするので
    もう一口。


    すると今度は、左手をゆっくり口に持っていって
    口をすぼめて待ってる。


    意識がもうろうとしている中で、母と晩酌をしていた時を思い出して
    ジョッキを傾けているつもりなんだろうか。

    母がタイミングを合わせてスプーンで口に入れると
    喉越しを味あうようにごくっと。


    本当に満足そうな顔。


    何口か飲んだら、さすがに疲れたのか
    また目を閉じて寝てしまった。




    あんなご満悦な顔の父を見たのは何年、何十年ぶりだろうか。

    ここまで、最後の親孝行としてできることは何でもやってきたけれど、
    僕の中でもう十分、やり遂げた感がこみ上げてきて
    昨日は眠れました。

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM