修理とか

0
    Hornetが修理から戻ってこない><


    普通に走らせていたら突然パワーダウンしてエンスト。
    水温も油温も問題なし、ガソリンも残ってる。


    セルを回したら、引っかかるような音がしてかからず、3回目くらいで始動。


    でもどうも吹けが悪い。直4なのにツインみたいにドコドコ鳴る。パワーが出ず
    1速で思い切り引っ張らないと速度が伸びない。そして生ガスくさい!


    オーバーチョークのような症状なので、キャブかどこかが怪しいんですが
    預けた購入先のショップからは1週間たっても何も連絡がなく・・・


    購入してまだ300km程度しか走っていないのですが
    これまで、クーラントの吹き戻し、サーモスタットの故障でオーバーヒート寸前と
    今回の燃料系トラブルと、

    これじゃ不安で遠くいけない・・・!

    15年前のバイクはこういう物なのでしょうが、
    早く安心して乗りたいのです。。


    ある程度は自分で診断できるように整備書を手に入れようか検討中。。

    教習日記

    0
       本日無事、普通自動二輪運転免許を取得しました!


      最後の方はネタを書く余裕もなくなってきてしまいましたが、
      結果として、トータル18日で一発合格できました。
      フルタイムワーカーとしてはだいぶ早いほうみたいです。


      場内での卒業検定、この日は自分を入れて4名
      大型の人が1名。

      自分は3番スタート。


      教習でわりと一緒になっていた男子と会話をして緊張をほぐしつつ


      いざ出発!


      乗車前の安全確認は全部指差し確認でw
      旧国鉄マンの祖父の影響です…


      最初から苦手意識が強い一本橋。
      いきなり本日のメインイベント!

      「アクセル、ON!」と小学生みたいな掛け声で
      練習より少しふらついたものの無事クリア。



      あとは・・正直ほとんど覚えていないです。


      最後は車体に一礼して、
      指摘事項も特になく終了。



      二輪事務所に戻ると、指導員から顔白いと言われながらも


      全員で結果待ち。



      お姉さんが1名
      同い年くらい(1つ上でした)の女の子が1名
      先の彼
      大型を受けた男性

      と自分で、変な連帯感が芽生えてきて
      どんなバイクに乗るかとか、どこが難しかったかなどなど世間話で盛り上がり
      全員合格の知らせにみんなで喜び


      ああ、、なんかいいよねこういう空気。


      免許の交付についての説明を受け、解散。


      で、車でそのまま手稲の運転免許試験場へ。
      早く免許がほしいのだあああ


      到着すると、さっきの大型免許を取った男性が先に来ていて、
      「今ならすぐに受け取れるよ!」と手続きを教えてくれて
      無事に即日交付の流れへ。


      実は家が近所だと言う話と、
      普通免許を取ってすぐに大型を取ったという話を聞いていると、
      またまたさっきの女の子が。

      結局3人で窓口に押しかけ、交付までの間に色々とおしゃべり。

      彼女もこのまま大型を取得するみたいで
      すでに車体もあるそうだ。


      1時間ほど待って、新しい免許証が完成。
      窓口対応の態度の悪さを吹き飛ばす嬉しさ…


      スティードで来ていた男性(結局大型受かったので手放すらしい)と別れ、
      大型の申し込みに学校へ戻るという女の子を、帰り道なので送ることに。

      洗車しておいて良かったぜ俺!


      別れ際、彼女がステキな笑顔で



      「大型で待ってます♪」




      教習日記はまだ続くのか!?

      教習日記Zとして続いてしまうのか・・!?

      続・教習日誌

      0
         一気に教習を進めて、次から次へとネタが増えてきたのですが
        同時にテキストにする間もなく、あっという間に2段階終盤を迎えております。

        前回の更新あたりが、一番苦労したような。
        ここまでくると操作にも余裕が出てきました。

        指導員にあーだこーだ言われながら走るのも息苦しくなってきて
        早く自由になりたいーー


        教習日記3

        0
          無事 第一段階修了〜


          前回の続き


          初転倒で精神的ダメージを受けるものの
          目線を先に先にと気をつけるだけで
          その後は問題なくクランククリア。

          目線、大事!


          下を向いたらネガティブに

          上を向いたらポジティブに

          上を向いて歩きたいなあ


          とか、一人で相田みつをモードに入りながら・・


          本日は坂道発進と急制動でした。


          急制動は、40km/h以上で走行、制動区間で一気にブレーキをかけ
          11m以内で確実に停止する課題走行。
          オーバーラン、転倒は失格。
          スピードが足りなかったり、ブレーキのフライングはやり直し。

          まずは、シミュレーターを使って、想定されるバイクの挙動をお勉強。

          突然FブレーキとRブレーキの長所と短所を聞かれ、
          思わずMTB目線での回答をしてしまいましたが大丈夫でした。


          続いて実践


          実際のポイントを教官と見ながら教わっている最中に
          他の教習生が急制動ゾーンに入ってきたので

          「彼をお手本にしてみましょうか」


          ジャニーズ系のさわやかな男子


          加速!


          制動区間に突入!


          ・・・


          いわゆる「握りゴケ」


          すぐにスリップダウン、バンパーから火花を散らしてさざーっと通過
          停止(?)距離10m弱。オーバーランはしれないけど
          いろんな意味でアウト・・・;

          さすがに痛がっていましたが
          教官は冷静に

          「うん、とりあえずバイク起こして。大丈夫かな、バイクは」

          慣れっこすぎるww


          ジャニーズ系の彼、痛そうな顔をしながらも再スタートきって行きました。


          続いて自分の番なのですが


          直前にあれ見せられるとさすがにびびる!


          自転車より重い⇒タイヤへの面圧が高い⇒タイヤ幅も130mmと太い

          理論的にはロードバイクのそれより安定しているはず!
          理論的には!


          とりあえず、最初は30km/hから初めて
          最終的には40km/hで。

          でも、まだ0.5mくらいオーバーラン。


          けれどこれは練習ですぐに感覚つかめそうな予感です。


          最後は坂道発進ですが、
          これは特に難しいことはなく、サイドブレーキやら色々使う車のそれより
          ずっとシンプルでした。
          それでも車重があるから、油断するとすぐに逆行しちゃうのは要注意。




          と、無事に第一段階のみきわめ修了!


          まだ1週間しか経っていませんが、
          まっさらな状態からどんどん情報を入れていく作業はなかなか楽しいですね。


          卒検まで一気に行っちゃいますよよよよ







          教習日記3

          0
             気温5℃、天候雨という絶好の教習日和でした。


            今日の課題走行は、昨日に引き続き一本橋と、S字クランク、スラローム

            一本橋のあまりの出来の悪さに、前夜うなされ眠れず
            朝5時前に目が覚めて、「ニーグリップが甘いニーグリップが甘い・・・」と
            たわ言を。

            ぼーっとしたまま教習開始。

            早速、例の一本橋。

            1回目、上手く乗れず失敗


            「ニーグリップをもっと!」


            ああ。。夢の中で見た光景だ・・・!


            そして、前輪がヨタることに対して、昨日の指導員が教えてくれなかったコツ


            「シートから腰を気持ち浮かして、ステップに体重を加えてみるイメージがいいですよ。
            その分重心が下がって、前輪にも加重できるので。」


            おお!これはまさにMTBでガレガレクネクネの岩場を越える感覚っ!


            教わったイメージでやったらすんなり成功。
            その後も連続成功。

            つい
            「MTBと一緒ですね!」と言ったら、
            ニセコのDHやクロカンの話題に・・・教官、自転車にも乗っているようです。
            それはまた別のお話。


            続けて、S字とクランク。

            S字はまあ、、特に問題なく成功。
            見たイメージより道幅があるから大丈夫。


            次はクランク。

            教わったとおり、ライン取りと目線に気をつけてトライ。

            2速で入るんだけど、これが10km/hくらい出るので結構怖い。
            自転車だと要所要所でブレーキ使えるけれど
            ここで減速すると間違いなくエンストなので、今の速度のまま突っ込むしかない・・!

            と、案の定反応が遅れ、外のバイロンに直行。

            やべっ!と自転車の癖で

            フロントブレーキをかけてハンドルをこじってしまった。

            ハンドルをこじったって、200kgの車体の向きは変わらないよね・・・

            そしてウエット路面、バイクは油圧のWディスク。
            ハンドルを切ったまま、そんな強力なブレーキをかけたらそれは


            ザ・ロック


            前輪が綺麗に救われて、僕は華麗に宙を舞いました。
            出来ることは、バイクの下敷きにはなりたくないと願うのみ・・


            バイクから逃げるようにゴロゴロと転がり落ちる様は
            さながらジョッキーのようでした。今から思うと。



            続く


            教習日記2

            0
               5時限


              まずはAT車教習。


              教習車はシルバーウイング。

              いまどきの若者っぽく言うと、

              ビクスクっす、ビクスク。
              車を運転していて一番邪魔な存在w


              AT車、スクーターの特性の説明を受けた後
              実際に場内をぐるぐる。


              カッコイイ、マジで。そして速い。アクセルを踏むと走り出す、マジで
              (コピペ)

              いかにもCVTな「滑っている感」が馴染めないけれど
              まあ、、、アクセルひねれば走り出す、マジで


              そして、ついに一本橋にトライ。

              長さ15m、幅30cm、高さ5cmのスロープを、7秒以上かけて通過する課題走行で
              転んだり脱輪したら即検定中止。

              スクーターの低速操縦性の悪さを体感。

              3回くらい挑戦して、結局走破できませんでした;;


              「AT限定で免許とる方が難しいから、そういう友達がいたら引き止めてあげてくださいねw」



              続いて、CB400に乗り換えて交差点の右左折


              ウインカーとホーンを間違えること数回(自動車の教習車を煽ってしまった)


              ウインカー消し忘れること数回(バイクは勝手に消えてくれないのかっ)



              そして、さっきビクスク(笑)で玉砕した直線狭路。

              なんと一発で9秒でクリア


              伊達にMTB乗ってませんよフゥーハハハハハ!


              と図に乗りかけたら、指導員がおもむろにスタンディングで
              1分くらい制止してるじゃないですかっ!?

              「今のところ、教習生の記録は24秒で
              新人の指導員だと30秒くらい。俺は100秒はいけるね!」


              ドヤ顔。


              ま、検定の時にボーナスポイントもらえるわけでもないし・・・
              20秒粘って最後に脱輪したら終わりだし、、


              と次の瞬間、

              一緒に受けていた教習生、竹本君(仮名)が
              指導員の真似をしてなまらゆっくり走ってるじゃないかYO!

              竹本君(仮名)20秒くらい粘って、がっしゃーんと派手に転倒
              バイクにつぶされるのは免れた。

              俺、びびる。

              びびって身体が硬くなったのか、なかなか上手くいかない。

              「上体でバランス取るとダメ、ニーグリップ効かせて、ハンドル操作でバランスを取るべし!」

              自転車とは違う・・


              自転車の場合、軸はライダー。
              自転車が傾こうが、身体がまっすぐだとバイクもまっすぐ進む。

              オートバイはちょっと違ってて
              バイクがエンジンの動力で進もうとするのを邪魔しないように
              乗り手はバイクの荷物に徹する

              かんじ?


              そして、派手な転倒をした竹本君(仮名)はめげずに
              またしてもタイムを稼ぎ、今度は16秒で走破。
              失敗を恐れずに突っ込む若さを感じた。


              一方、もう若くないおぞねは失敗を恐れるあまり
              橋に乗る前にびびって身体がそれる。

              竹本君(仮名)は2回くらいエンスト⇒立ちゴケしながらも
              果敢にチャレンジ。



              敗北感・・・精神的な意味でorz


              竹本君(仮名)の姿勢は少し見習わないとなー。





              教習日記1

              0
                自動二輪教習、3時限進みました。


                まずは、バイクの引き起こし、取り回し。


                150kg以上の車体を引き起こすにあたって、

                「力じゃなく体重移動なのよね〜」とやまめの先生の言葉を思い出し、


                ひょいっと持ち上げ


                られないorz


                早速指導員の説明をききながらリトライ。
                他の教習生は余裕で起こせていた。。。


                ホーネットに比べると
                教習仕様のCB400重すぎるぜよ!



                お次はハンドル回り、シフトの基本操作。

                自転車の癖で、つい中指だけでブレーキレバーを握ってしまい
                こちらも指導員からの指摘×5回。

                バイクは4フィンガーとか知りませんでしたよブライトさん!

                ペダルも、つい母子球で踏んじゃうからブレーキも踏めない、チェンジペダルにも届かない

                「自転車乗っている方にありがちなんですよね〜」と指導員。


                ここまで自分が自転車馬鹿だったとは・・・orz


                つぎに発進と停止。

                半クラッチとブレーキングの感覚を掴むのが目標。

                これはわりと出来た気がする。


                「フロントブレーキの使い方がとっても上手ですね!」


                「ええ、油圧ディスクブレーキは毎日触ってますから!」
                とは言いたくても言えず。時々4フィンガー忘れるし。


                そしていよいよ、外周右回り左回り。


                これで一番怖かったのは


                周りの教習車(自動車)の挙動がやばすぎる!


                自動車で外周ということは、技能の一番最初なので
                当然ドライバーも超初心者(人の事はいえません)


                あっちゃこっちゃで脱輪、補助ブレーキ、エンスト

                後ろを走っていたら突然、ガックガックと怪しい動き⇒エンスト

                追突しそうになったヨ、、、


                「その・・他の自動車の方は慣れていませんので、、車間と急な動きに気をつけましょう」


                それでも、4速40km/hまで加速しないといけないので
                タイミングを見計らって一気にぐわっとアクセルを開けたら

                一気に身体が遅れてびっくり

                「身体を前に入れないと、バイクに置いていかれちゃうよ」
                というやまめの先生の言葉を思い出し、思いついたのが


                やまめフォームonCB400SF


                背中まっすぐ、おじぎするように腰から折っていって、腕の力を抜く。
                お、おおお、これはいけるかも!


                「えーと、、レースじゃないのでそんなに戦闘的なフォームじゃなくていいですよ。」


                サーセン



                自転車の応用が利くところとそうじゃないところ、
                逆に自転車に乗るときに役に立ちそうなテクもあるっぽいです。



                まだまだ始まったばかり。


                1

                calendar

                S M T W T F S
                    123
                45678910
                11121314151617
                18192021222324
                252627282930 
                << June 2017 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM