10ねんぶりに

0
     ポラールの心拍計を新調しました。
    S610⇒S710ときて、

    RS800っていう腕時計型のです。


    ポラールは独自規格突っ走りで
    ANT+とか、近い将来スタンダードになる物とは無縁。


    っていうか、iPhoneがANT+レシーバになるって今知ったよ!!



    「だがそれがいい」って書こうと思った矢先だったのに。


    でもスントとかガーミンとか、他のメーターよりデザインがカッコイイし
    そもそもiPhoneポケットに入れてレースしませんからっ


    パワーメーターを導入したくなったら次を考えよう。
    今のところ、ハードウェアの価格と使いこなしのソフトウェアのバランスがとれていないので様子見です。


    きになる物

    0
      3 ActionShop - Sports Nutrition

      http://www.3actionshop.be/index.php/

      3アクションが普通に購入できるみたいです。


      10年以上前からレースをやっている方はご存知かと思いますが
      伝説の(?)スポーツドリンクで一世を風靡しましたよね。

      僕の頃はダイナソアが代理店をやっていて
      Jシリーズのエリートライダーなどはみんながみんな
      3actionと書かれたこの黄色いボトルをケージに差していた記憶があります。
      うちにもあります。

      僕がレースを始めた頃は、国産メーカーでもまともなスポーツドリンクがまだなく
      身近に手に入るポカリやらアクエリアスを薄めて飲むしかなかったのですが

      この、ちょっとお高くて怪しい外国語表記の粉は
      比べ物にならないくらいイイ。
      危ないクスリでも入っているんじゃないかと思うくらい
      何故か脚が攣らない、最後まで踏める、ハンガーノックにならない。

      当時ラインナップされいた
      「エナジーエクスプローション」
      なる、佐藤製薬のトップテン的な(これもマニアック)小ボトルが特に気に入っていて
      スプリントに備えて、みんな握り締めていたのを覚えてます。
      パッケージに「乳酸対抗!!」とか書いていて
      冗談じゃなく乳酸に対抗してくれました。


      というわけですっかり愛飲していたのですが

      5年程前を境に急に手に入りにくくなり、ダイナソアから
      「薬事法の問題で今後の入荷予定はなくなりました。」みたいなFAXが来てめでたく終了。
      ああ、、やっぱり「乳酸対抗!!」はマズイよな…と思うと同時に
      ショップ在庫の争奪戦が起こったのを覚えています。

      その合間を縫うようにCCDやVAAMが出てきたんですよね確か。
      どちらも手頃だったんですが、3アクションのような
      破壊力(?)は期待できず。


      思い出話をするときりがないですが、本当にこれは良いものなので
      来シーズンは買ってみようかと。

      脅威のポンド安で、当時の半額くらいの価格ですが、
      ちょっと見積もったら送料だけで20ポンドですかそうですか・・・。


      共同購入者募集中です。。

      普段、ポカリやアクエリアスを飲んでいる方、是非是非


      ウィリアム・ニーリーのMTB

      0
        以前Leeさんがブログで取り上げられていた
        「ウィリアム・ニーリーのMTB!」
        家の裏のブックオフにあったので即ゲットしました。


        94年の本で今は絶版なのですがこれがとっても参考になる。
        「練習のしかたの練習」
        「正しいクラッシュのしかた」
        「イカすライディングのコツ」
        最近MTBを始めたという方には真っ先におすすめたいですね。


        広告媒体に過ぎない自転車雑誌を、お金を払って買って、
        さらにその「広告の品」をお金を払って買うばかばかしさ…
        メーカーのカタログを付録につけて「特別定価」で値上げとk(ry
        (このくだりは本にも書いてます」


        どこまでが本当でどこからがアメリカンジョークか分からないのがたまにキズ…

        ↓逆バンクコーナーの攻略法




        「少年」 11月号 昭和41年

        0


          またまた出てきました。
          昭和41年発行の月刊「少年」

          表紙は906??



          生沢さん!!スカイライン伝説



          若き日の本田宗一郎「社長」
          1967年なので、第一期の一番いいときですね。
          この年のモンツァGPでの平均時速が226km/hで「大記録」
          というか今とあんまり変わらないという恐怖のマシーンですw



          田宮模型の「ホンダF-1」
          「ホンダ」のフォントがいい味だしてます。RA273?




          ブラバムチームのデニスハルムさん。
          チームメイトは、レーサー兼オーナーのブラバムさん。
          翌年はマクラーレンさんとマクラーレンチームで参戦し
          さらにグラハム・ヒル(デーモンヒルの父)と争う。

          あとは「モンテカルロラリーで活躍した日産ブルーバード」
          「フェラーリP4」「ニッサンR380」「ローラT70」

          着いていけない・・・・
          ですが、今の車には無いときめきを感じます。。

          組み立て中

          0
            競技生活10周年記念モデル(仮称)
            組み立て中です。
            といっても後はワイヤー張ってチェーン繋ぐだけですが。



            全景を写さないのはもったいぶっているというより
            手持ちのレンズがマクロしかないからです;


            「LOVE THE RIDE」 

            全てが集約されたいい言葉ですね。


            懐中時計

            0




              会社で担当している新人用の研修で
              しゃべりの尺をあわせるために使っている懐中時計。
              座りながらでも立って話しながらでも瞬時に確認できますし、
              腕時計のようにタイピング時に邪魔にならないので便利。


              これは旧国鉄員である祖父からもらったものです。
              裏には、「JNR 鉄道100年 1972」の刻印が。
              JNR!生まれる13年も前!


              40年物ですが、今でも巻けば正確に時を刻んでくれます。
              チチチチ…っていう音と昔ながらのフォントがいいです。


              携帯電話でなんでも出来る時代になってきましたが
              一つの用途に限って言えば、単機能製品に勝るものはないですね。

              誠!

              0

                母からの函館土産、「誠タぺストリー」。

                前々から気になっていた日ハム金子誠選手の応援アイテム、
                自分も「誠」なのでこれは熱い!
                あえて黒というのも渋いです。
                来シーズンからチームテントにかけよう…


                レースでもこれで応援されたら力入りますね。
                母さんありがとうー


                新車

                0
                  ご無沙汰しております。
                  毎年恒例この時期はちょっと調子が上向かないですが
                  まったりやっていこうと思います。


                  2週間くらい前ですが、、ロードバイクを新調しちゃいました。
                  7年ぶりの新車です。

                  cannondale super six hi-mod 2009


                  2010から中国生産になるタイミングで
                  キャノンデールジャパンに残ってる、USAメイド最後の1台を確保してもらいました。
                  アルテグラの2010モデルチェンジもあって、かなり良い条件でした。


                  MTBはフィーリング合わないとコロコロフレーム変更するくせに、
                  ロードは全然乗り換えなかったわたくし。
                  今まで乗っていたTREK5500は高校生の時に交通事故成金で買った物で
                  7シーズン、5万キロは乗った予感。
                  今回もそれくらい乗れるといいなぁと、ちょっち奮発してフラッグシップモデルにしちゃいました、ローンで(笑)


                  7年間での進化(変化)をつくづく感じます。。
                  前のトレックも当時としては相当に堅いモデルでしたが
                  その比じゃない、カッチコチですね。
                  重いギアに入れて踏んだときの、すかーん、という加速は最高に気持ちいいしとにかく高速域での安定性は別次元。

                  フルカーボンといえども、キャノンデール「らしさ」も残ってます。良くも悪くも腰高的な意味で。



                  さすがにポジションはすぐにはしっくりこないですね、、
                  STIレバーの形状も、フレームの設計意図も当時とは全然違うし、
                  根本的な乗り方(楽な走らせ方)、バイクの美味しいところ探し中です。

                  しかしその作業が楽しくてたまらない・・・!

                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                      123
                  45678910
                  11121314151617
                  18192021222324
                  252627282930 
                  << June 2017 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM